information(過去ログ)
   ………………………………………………………………



「信濃毎日新聞」(2013.8.25)書評欄で目取真俊短篇小説選集1 『魚群記』の書評が掲載されました! 書評者は阿部浪子さん(文芸評論家)です。

品切れとなっていた鎌仲ひとみ著『六ヶ所村ラプソディー』の重版が出来ました! 3・11以前から原子力と人間の問題を追い続けている鎌仲監督。2006年以降、六ヶ所村核燃・再処理を問うムーブメントの発端となった映画の制作ドキュメント。ノーマ・フィールドさんとの対談を併録。

品切れ状態だった『隠して核武装する日本』が増補新版となって帰ってきます。9月10日頃発売予定。原発の息の根を止めるには、この問題はスルーできません!

「鉄の街のロビンソン」、「いたどり谷に消えたふたり」他の児童文学作家・富盛菊枝さんの最新エッセイ集、『故郷の川を遡る鮭の背に』9月10日発売予定です。

【必聴!】福島県双葉町前町長・井戸川克隆さんが「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に生放送でゲスト出演されました。⇒井戸川さんの共著『脱原発で住みたいまちをつくる宣言 首長篇』も紹介して頂きました。

『脱原発で住みたいまちをつくる宣言 首長篇』の書評が「高知新聞」(2013.08.19)に掲載されました!


「読売新聞」(2013.7.21)書評欄「本よみうり堂」で目取真俊短篇小説選集1 『魚群記』の書評が掲載されました! 書評者は石田千さん(作家・エッセイスト)です。

「琉球新報」(2013.6.30)書評欄にて目取真俊短篇小説選集1 『魚群記』の書評が掲載されました。書評者は仲程昌徳さん(琉球大学元教員)です。⇒ こちら

目取真俊短篇小説選集の第2巻『赤い椰子の葉』、7月10日発売です。ご予約いただいている皆様、おまたせいたしました。

目取真俊短篇小説選集が「東京新聞」(夕刊)コラム「大波小波」で、取り上げられました。作品の核心をスパッと切り取る手腕にうなる。うれしい紹介記事でした。「ヤンバルクイナ」氏に感謝<m(__)m> ⇒ こちら

「琉球新報」(2013.6.17~18)で2回にわたり目取真俊さんのインタビュー掲載。目取真俊短篇小説選集の刊行の経緯や、橋下発言、沖縄の文化・文学情況等について語っていらっしゃいます。⇒ 「目取真 俊 沖縄戦 記憶を紡ぐ文学」

「波崎(はさき)事件」を知っていますか? 今年〈2013年)は事件の犯人とされた冨山常喜さんが亡くなって10年。自白も物証もなく目撃証人もおらず、状況証拠のみで死刑確定(1976年)という、極めて冤罪の疑いの濃い事件です。一貫して無実を主張し続けていた冨山さんは、2度再審を請求して棄却され、3度目の再審を準備中の2003年(死刑確定から27年)、86歳で獄中死されました。
波崎事件については、根本行雄著『司法殺人――「波崎事件」と冤罪を生む構造』に詳しく書かれています。冤罪は権力による犯罪です。

『増補新版 希望は生徒―家庭科の先生と日の丸・君が代』の根津公子さんら、“教育現場での言論と思想の統制”に抗う教師たちの姿を追った映画「“私”を生きる」の上映会が長野であります。⇒6月29日(土)13時~上映/15時半~根津公子さんゲストトーク/長野県飯島町文化館小ホール/前売り1200円・当日1500円・高校生500円・トークのみ500円/詳細・予約:070-6564-6609(山下)

目取真俊著『眼の奥の森』重版出来! ご注文いただいていた皆様、お待たせいたしました。本日(6/7)に発送完了しました。

戯曲集 ホモセパラトス』の著者・李康白さんの来日講演決定! 6月25日(火)18:30~、池袋のあうるすぽっとにて。朝鮮半島の分断情況を普遍的に描く名劇作品を数多く生み出してきた李康白さんのお話が聞ける貴重な機会です。要予約:詳細はこちら

目取真俊著『平和通りと名付けられた街を歩いて』(2003年刊)は現在品切れとなっておりますが、本書に収められている作品は全て新刊の『魚群記』に再録されています。『平和通り~』をご希望の方は、『魚群記』をお求め頂ければ幸いです。

目取真俊短編小説選集・第1巻『魚群記』、をアマゾンでご注文頂いているお客様へ。注文・流通システムの問題で、申し訳ございませんが、アマゾンさんへの在庫補充が追いついておりません。弊社からは受注後即日納品するようにしております。ご了解下さいますよう。

目取真俊短篇小説選集1『魚群記』を、鎌田慧さんが東京新聞「本音のコラム」で紹介して下さいました。鎌田さんのブログに同記事が掲載されています。⇒こちら

【注目の本】照井壮助著『天明蝦夷探検始末記―田沼意次と悲運の探検家たち』 http://bit.ly/WLfHMQ :江戸天明期、北方からの異国船到来など時代の転換期に、史上初の蝦夷地探検隊が派遣された。探検の全体状況を史料を読み解き描き切った在野研究者による画期的労作。

目取真俊短篇小説選集の刊行が遅れておりまりましたが、ようやく第1巻『魚群記』が3月末に刊行となります。ご予約いただいていたお客様、お待たせいたしました! 出来次第順次出荷いたします。(書店店頭に並ぶのは4月に入ってからとなります。)

【新刊案内】根津公子著『増補新版 希望は生徒―家庭科の先生と日の丸・君が代』発売! 「自分の頭で考えよう」と伝えてきた教員と生徒たちによる「私たちの卒業式」奪還ドキュメント。旧版(07年)から5年、累積処分の上に解雇阻止を勝ち取っての定年退職、そして2012年最高裁判決を経て書かれた〈「君が代不起立」は私の教育実践〉を増補した新版。

 【新刊案内】李康白(イ・ガンペク)戯曲集『ホモセパラトス』発売! 分断状況、そこに起因する人間の悲喜劇を普遍的なスケールで描く、韓国を代表する劇作家の傑作戯曲集。2005年発売の戯曲集『ユートピアを飲んで眠る』につづく待望の第2弾です。

 目取真俊短篇小説選集の刊行が遅れております。著者がヤンバルの森をオスプレイ・ヘリパッドから守るための闘いに奔走中のためです。ご予約いただいている読者の皆様には、心よりお詫び申し上げます。 ⇒目取真俊さんのブログ「海鳴りの島から」へリンク
高江のヘリパッド問題は、この2月が山場のようです。ご関心をお寄せいただければ幸いです。


 【新刊(重版)案内】李正子(イ・チョンジャ)著『鳳仙花(ポンソナ)のうた』を、あらたな「あとがき」を追補し、新装・普及版として再刊しました。(旧版は2003年刊)
「はじめてのチョゴリ姿に未だ見ぬ祖国知りたき唄くちずさむ」 「民族と出会いそめしはチョーセン人とはやされし春六歳なりき」――短歌で「在日の心」を歌いつづける李さんの衝撃的第一歌集を収録した歌文集の決定版です。


 【書評】松下竜一著『暗闇の思想を/明神の小さな海岸にて』の書評が「図書新聞」(1212.11.3)に掲載 ⇒こちら : 「3・11以後、電気を使っているくせに原子力に反対するのなら、電気を使うなといった反論や脅しめいた物言いは今日もよく聞かれるが、わかりました、じゃあ止めてもらいましょうと松下は言い切った。私たちにそう言い切れる思想はあるか。」

 【書評】松下竜一著『暗闇の思想を/明神の小さな海岸にて』の書評が「ふぇみん」(1212.12.5)に掲載 ⇒こちら : 「開発至上主義と電力需要という大義名分に抗する「住民の論理」を模索しながら続けられた火力発電所反対運動を、弱さや失敗を含めて綴った遺著が1冊となった。」

 【書評】「図書新聞」(2012.12.15)に『神保町の窓から』(栗原哲也著)の書評(評者=野上暁さん)が掲載されました。 :「市場原理に足をすくわれ、足元を見失って右往左往している出版業界の現状に対して、なぜ書物を世に出すのかを根本から問いかける鋭い提言が随所に散りばめられている。」

【書評】小坂正則著『市民電力会社をつくろう!』 書評より ⇒こちら 「自然エネで地域が自立! 市民電力会社をつくるため、夢にかける思いと実践例を共有する。九州から3・11後の生き方を発信。」(「ふぇみん」より)

 松下竜一著『暗闇の思想を/明神の小さな海岸にて』が東京新聞・中日新聞(11月18日)読書欄で紹介されました! ⇒こちら 「…電力は絶対に必要という住民説明会の記録を目にすると、今日の原発行政、経済優先・人間無視の政治の根幹と重なってくる。運動を持続させる強靭な思想を伝える書だ。」」

 しんぶん「赤旗」に『神保町の窓から』の著者・栗原哲也さんのインタヴューが掲載されました。⇒こちら :「売り上げを新社屋に注がず次の本づくりに回してきたのは、『無名の、これからなにかしようとする学者が本を出そうかなって時、そこに俺がいるってことですよ。』」

 松下竜一著『暗闇の思想を/明神の小さな海岸にて』の書評を黄英治さんが書いてくださいました。⇒こちら:「電力会社と政府・官僚、警察、裁判所などの国家権力が、住民を買収し、差別して分断し、不屈に闘う者らに「過激派」のレッテルを貼って孤立させ、ひねりつぶす構図は、四十年前といまも寸分たがわない。それがまかり通ろうとする危うさが、この〈3・11後〉にもある。」

 映画史に残る傑作ドキュメンタリー『阿賀に生きる』(佐藤真監督)がニュープリントでリバイバル上映! 2012年11月24日から渋谷・ユーロスペースにて。弊社でも前売チケット扱い中(1200円)。弊社刊の稀少本『焼いたサカナも泳ぎだす』も会場で販売します。

 肥田舜太郎著広島の消えた日〔増補新版〕』 重版出来!「核兵器はつくる、運ぶ、貯蔵するたびに周辺に放射線の内部被曝者をたくさんつくって殺すことを知らせることである。(中略)核兵器は持つだけなら安全という無知をさらして恥をかくのは、もうやめにしよう。」(あとがきより) 世界への警告の書。

 2012年12月15日(土)水戸市・茨城県立県民文化センター大ホールにて、肥田舜太郎先生と鎌仲ひとみさんの講演+対談+映画上映(『内部被ばくを生き抜く』)という豪華な集会があります。詳細はこちら

 「尖閣問題」の影響か、『あるB・C級戦犯の戦後史』(富永正三著)が動いています。「自分は中国で何をしたのか―」。中国人捕虜を斬殺した著者が、人間性を取り戻すまでの苦しい道のり。

 新刊『暗闇の思想を/明神の小さな海岸にて』の著者・松下竜一さん夫妻が主人公の二人芝居『かもめ来るころ―松下竜一と洋子―』が、10/10~東京ほか各地で上演されます。詳細はこちら(トム・プロジェクト)

  『父とショパン』 の著者でピアニストの崔善愛さんが「東京新聞」(中日新聞)9/23付朝刊「家族のこと話そう」に登場。
★彡▽崔善愛さんコンサート情報▽第17回知求アカデミーコンサート「『ハイリゲンシュタットの遺書』から210年記念に贈るベートーベンものがたり」 2012年10月13日(土)14時開演、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)
ピアノ:崔善愛 ヴァイオリン:森下幸路・神谷美穂 ヴィオラ:神谷タンナー未夏 チェロ:三宅進 ⇒ チラシはこちら

 「朝日新聞」の「人脈記」シリーズ「石をうがつ」(記者・大久保真紀さん)で9/3付:鎌仲ひとみさん、9/18付:菊川慶子さん登場。18日の記事の上段では大間でがんばっておられる小笠原厚子さんが大きく紹介されています。(WEB版で記事が読めないのが残念。)

 新刊・松下竜一著『暗闇の思想を/明神の小さな海岸にて』が9/7に発売となりました。書店店頭に並ぶのは9/10ごろとなります。チラシはこちら

 「朝日新聞」(2012.07.29)書評欄で『ガリ切りの記』が紹介されました。
サイトへリンク

 「東京新聞」(2012.07.27)記事「あの人に迫る」で、『ガリ切りの記』の澤井余志郎さんが紹介されました。⇒ 記事リンク

 「日刊ゲンダイ」7月2日付けで、『ガリ切りの記』の書評が掲載されました。

季刊「アジェンダ」37号で 『市民電力会社をつくろう!』の書評が掲載されました。

 三省堂書店の書評サイト「神保町の匠」で、『ガリ切りの記』を紹介していただきました。⇒サイトへリンク

 原子力基本法改正問題(原子力規制委員会設置法の付則で基本法の安全保障条項を追加)、宇宙航空研究開発機構法改正問題(「平和目的」規定を削除)、核燃サイクル・もんじゅ継続問題等で、 『隠して核武装する日本』 が注目を集めています。

 小坂正則さんの 『市民電力会社をつくろう!』 が西日本新聞で紹介。
*小坂さんブログ  ツイッター

 6月7日、CTY「ニュースエリア便」(ストリーミング放送)で澤井余志郎さんと『ガリ切りの記』が紹介されました。⇒ 動画リンク

 「朝日新聞」(三重版)6月2日付けで『ガリ切りの記』が紹介されました。
記事リンク:「ガリ切りの記」出版

 「毎日新聞」6月5日付朝刊一面に 『市民電力会社をつくろう!』 と『ガリ切りの記』の広告を掲載しました。

 小坂正則さんの 『市民電力会社をつくろう!』 が大分合同新聞で紹介。
*小坂さんブログ  ツイッター

 鎌仲ひとみ監督最新作 『内部被ばくを生き抜く』が完成! 肥田舜太郎、鎌田實、児玉龍彦、スモルニコワ・バレンチナ各医師へのインタビューや、福島現地に残る住民の苦悩を描きつつ、内部被ばくとは何かを分かりやすく解説したドキュメンタリー。鎌仲監督の映画の上映スケジュールはこちら
*鎌仲監督ブログ  ツイッター

 ★脱原発&エネルギー・シフトへ! 『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』の鎌仲ひとみ監督の新作映画 『ミツバチの羽音と地球の回転』 全国上映展開中!! 誰かを犠牲にすることで成り立つ「豊かさ」でいいのか? エネルギー問題へのひとつの回答がここに!!
⇒上映情報はこちら
*最新情報⇒ 鎌仲監督ツィッター
       ⇒ 鎌仲監督ブログ
* 祝島についての参考サイト

 六ヶ所村核燃再処理工場に反対し続けている『六ヶ所村 ふるさとを吹く風』の著者・菊川慶子さんの自然農園「花とハーブの里」を応援しましょう! 無農薬ルバーブ・ジャムなどの特産品で、「核燃マネーに頼らない村づくり、仕事づくり」をめざしていらっしゃいます。詳細はこちらへ。
*菊川さんブログ

 『希望は生徒』の著者・根津公子さんら学校での「日の丸・君が代」強制に抵抗する教員たちを描いたドキュメンタリー映画 『“私”を生きる』が各地で上映中! スタンドアップ・コメディアンの松元ヒロさんも絶賛!

 ★『殺したらいかん』の著者・益永スミコさんの傑作ドキュメンタリー映画 『死んどるヒマはない―益永スミコ86歳』 (ビデオプレス製作)の上映等詳細情報はこちらへ!

 ★石川逸子さん(詩人)が「朝日新聞」「人脈記」(上丸洋一記者/2010.11.30)で紹介。(『定本 千鳥ケ淵へ行きましたか』の一節も紹介)