影書房

 KAGESHOBO Publishing Co.

HOME 新刊案内 既刊書案内
(ジャンル別)
既刊書案内
(著者名別)
既刊書案内
(書名別)
ご注文・お問合わせについて about us
(会社概要)
follow us






この本をツイート 


★画像クリックで拡大

* * *

書店様用注文チラシ
 (FAX注文用)

お客様用チラシ
 



詩人・尹東柱の文学性に迫る新たなアプローチ

多胡吉郎
生命(いのち)の詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)
『空と風と星と詩』誕生の秘蹟



2017年2月10日刊
46判並製294頁
定価 1900円+税
ISBN978-4-87714-469-2 C0090

装丁:桂川 潤


●目次
●書評・著者インタビュー他
●関連書



「死ぬ日まで空を仰ぎ 一点の恥辱(はじ)なきことを――」
植民地支配下の朝鮮でハングルで詩を書き、自らの詩精神をつらぬいた尹東柱。
暗い時代のただなかで、「民族としても、人間としても、生命をないがしろにし、破壊しようとする巨悪に呻吟しながら」「詩によって真に生きようとした」(本書より)詩人は、日本留学中に治安維持法違反で逮捕され、戦争終結半年前に〝謎の獄死〟をとげた。
今日では日本でも広く愛される韓国の国民的詩人の足跡を辿り、いくつかの知られざる事実を明らかにしつつ、その人、その文学の核心に迫る。

著者はNHKディレクター時代の1995年、「NHKスペシャル」で尹東柱のドキュメンタリー番組『空と風と星と詩――尹東柱・日本統治下の青春と死』を手がけ、以来20年余にわたり独自に尹東柱の調査・研究を重ねてきた。
本書では主に日本との関わりを軸に尹東柱の足跡を実証的に追い、また遺稿や蔵書を読み解き新たな視点からの作品解釈もこころみながら、孤高の詩人の詩精神にあらためて光を当てる。

(尹東柱 ユン・ドンジュ ……1917年生まれ。日本の植民地時代に母国語のハングルで詩を書き、すぐれた作品を残す。日本留学中の1943年、治安維持法違反で逮捕、福岡刑務所に囚われ、45年2月、〝謎の獄死〟をとげる。時局がら生前は一冊の詩集の刊行も果たせなかったが、友人・家族によって守りぬかれた詩稿は戦後韓国で出版され、教科書にも載る国民的詩人に。今日では日本をはじめ国境を超えて広く愛されている。)




〈著者〉

多胡吉郎 (タゴ キチロウ)

作家。1956年東京生まれ。1980年、NHKに入局。ディレクター、プロデューサーとして多くの番組を手がける。1995年、日韓共同制作によるNHKスペシャル「空と風と星と詩―尹東柱・日本統治下の青春と死」を制作。2002年、ロンドン勤務を最後に独立、英国に留まり文筆の道に入る。2009年、日本に帰国。
【著書】『吾輩はロンドンである』(文藝春秋)、『リリー、モーツァルトを弾いて下さい』(河出書房新社)、『韓の国の家族』(淡交社)、『わたしの歌を、あなたに 柳兼子 絶唱の朝鮮』(河出書房新社)他がある。




◆『命の詩人・尹東柱』 目次◆

はじめに

第1章 『病院』から『空と風と星と詩』へ
      
――詩人誕生の秘蹟にあずかった日本語のメモ
第2章 「半韓」詩人がつづった「我が友」尹東柱(前編)
      
――尹東柱と交際した日本詩人・上本正夫
第3章 「半韓」詩人がつづった「我が友」尹東柱(後編)
      
――モダニズムとの邂逅と乖離
第4章 同志社の尹東柱。京都で何があったのか?
      
――発見された生前最後の写真を手がかりに
第5章 福岡刑務所、最後の日々(前篇)
――疑惑の死の真相を追って
第6章 福岡刑務所、最後の日々(後編)
――永遠なる生命の詩人
第7章 そして詩と、本が残った
――所蔵日本語書籍から見る尹東柱の詩精神

尹東柱略年譜
あとがき







書 評





●「社会新報」 2017年4月12日より








●「出版ニュース」 2017年4月中旬号 より








●「西日本新聞」 2017年4月2日より










●「東洋経済日報」 2017年3月31日より











●「東京・中日新聞」 2017年3月26日より

http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017032602000182.html









●「週刊読書人」 2017年3月24日より

http://dokushojin.com/article.html?i=1076











●「東亜日報」(韓国) 2017年3月14日より

http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20170314/83309421/1








●「朝鮮新報」 2017年3月8日より

http://chosonsinbo.com/jp/2017/03/0304ib/










●「東洋経済日報」 2017年2月24日より











◆関連書◆


 『尹東柱全詩集 空と風と星と詩』 尹 東柱(ユン・ドンヂュ) 著/尹 一柱 編/伊吹郷 訳


 『歌集 一族の墓』 金 夏日(キム・ハイル)
  

 『鳳仙花のうた』 李 正子(イ・チョンジャ) 著

 『歌集 沙果、林檎そして』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『日本型ヘイトスピーチとは何か』梁 英聖(リャン・ヨンソン) 著

 『ヘイトスピーチはどこまで規制できるか』
 LAZAK(在日コリアン弁護士協会) 編、板垣竜太、木村草太 ほか著

 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 李信恵 著

 『ロマ 「ジプシー」と呼ばないで』 金子マーティン 著

 『父とショパン』 崔 善愛(チェ・ソンエ) 著

 『あの壁まで』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『記憶の火葬――在日を生きる―いまは、かつての〈戦前〉の地で』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『秤にかけてはならない―日朝問題を考える座標軸』 徐 京植(ソ・キョンシク) 著

 『羊の怒る時』 江馬 修 著