この本をツイート 


★画像クリックで拡大


近代史のある重要な事件をめぐるミステリー

チョンミョンソプ 著/北村幸子 訳/戸塚悦朗 解説

消えたソンタクホテルの支配人


2022年11月刊
四六判 並製 238頁
定価 2000円+税
ISBN978-4-87714-494-4 C8097


●目次
●書評・関連記事
●関連書



漢城(ハンソン)(現ソウル)にある大韓帝国の迎賓(げいひん)館・ソンタクホテル。
伊藤博文統監(とうかん)が主催する晩餐(ばんさん)会が(もよお)された翌日、
ホテルの支配人ソンタク女史がとつぜん姿を消した――
16歳のホテルボーイ・裵正根(ペチョングン)梨花(イファ)学堂の学生・李福林(イポンニム)は、
女史失踪の謎を追うが……。


日清戦争と日露戦争の勝利で朝鮮の属国化を進めた日本は、1905年の第2次日韓協約(乙巳(ウルサ)条約)によって大韓帝国の外交権を奪い、漢城に統監府(後の総督府)を設置、支配の度を一段と強めていきます。
大韓帝国皇帝・高宗(コジョン)は、国の独立を守ろうと手をつくしますが、そのなかである〝事件〟が起きます。
本書は、日本の植民地支配(1910年の韓国併合)が始まる3年前の1907年に、じっさいに起きたその〝事件〟をもとに創作された物語。

韓国の独立を守ろうと力を尽くす人びとや、伊藤博文、李完用(イワニョン)などの実在した歴史的人物も登場。西欧文明が導入されていったころの朝鮮半島の開化期の風景とともに、史実をなぞりながら、手に汗にぎる歴史ミステリーが展開します!




〈著者〉
チョン ミョンソプ (鄭 明燮)
1973年ソウル生まれ。大企業のサラリーマンやコーヒーを淹れるバリスタを経て、現在は多様なジャンルの文章を執筆する専業作家として活動中。
2006年歴史推理小説『赤牌』全二巻で本格的に作家活動を開始。2013年第1回ジクソー小説文学賞最優秀賞を受賞。2016年第21回釜山国際映画祭でNEWクリエイター賞を受賞。現在「韓国ミステリー作家会議」や「無団(無境界作家団=境界のない作家団)」作家グループで活動中。
著書:青少年小説や児童小説に『対馬の少女』、『ジクソーパズルの子ども、アロ』、『名探偵の誕生』、『消えた出会い』、『どういうわけか猫探偵』、『南山奥の二人の記者』などがある。青少年テーマ小説集『アンドロメダ・ガール』に短編「大人になりにくい」、『広場に立つ』に短編「破壊されたこども」、『私は美徳ですか?』に「ゾンビ」を掲載。

〈訳者〉
北村幸子 (きたむら さちこ)
立命館大学文学部史学科日本史専攻卒。30年間大阪の小学校に勤務。退職後渡韓、嶺南大学外国語教育院で日本語教師をしながら、啓明大学大学院日本学科修士卒。2010年に帰国後、オリニほんやく会で翻訳を学ぶ。

〈解説〉
戸塚悦朗 (とつか えつろう)
現職:弁護士。龍谷大学社会科学研究所付属安重根東洋平和研究センター客員研究員。韓国「併合」100年市民ネットワーク共同代表として日韓旧条約の効力問題および安重根義軍参謀中将裁判の不法性に関する研究を進める。
主著:『「徴用工問題」とは何か?―韓国大法院判決が問うもの』(明石書店)、『歴史認識と日韓の「和解」への道』(日本評論社)、『日韓関係の危機をどう乗り越えるか?―植民地支配責任のとりかた』(アジェンダ・プロジェクト)他。






◆『消えたソンタクホテルの支配人』 目次◆

第1章 ソンタクホテルの女王
第2章 消えたソンタク女史
第3章 失踪の舞台裏
第4章 明かされる真実
第5章 もう一つの出発

 補足 ソンタクホテルとソンタク女史、その他について
 あとがき・作家のことば
 作品解説……戸塚悦朗











書 評



(準備中)







◆関連書◆

『ミョンヘ』 キム ソヨン 著/吉仲貴美子・梁玉順 訳

『あの夏のソウル』 イ ヒョン 著/下橋美和 訳/解説:徐台教 【中学生以上~大人まで】

『1945,鉄原』 イ ヒョン 著/梁玉順 訳/解説:仲村修 【中学生以上~大人まで】

『エデとウンク―1930年 ベルリンの物語』 アレクス・ウェディング 著/金子マーティン 訳・解題
【小学中学年以上~大人まで】

『空の神様けむいので――ラスト・プリンセス 徳恵翁主の真実』 多胡吉郎 著

『生命の詩人・尹東柱――『空と風と星と詩』誕生の秘蹟』 多胡吉郎 著

『「韓国からの通信」の時代―韓国・危機の15年を日韓のジャーナリズムはいかにたたかったか』 池 明観 著

 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 李信恵 著

 『日本型ヘイトスピーチとは何か――社会を破壊するレイシズムの登場』 梁英聖 著