既刊書案内



童話・児童書


■刊行年の新しい順
■表示価格は税別です



アレクス・ウェディング著/金子マーティン訳・解題
エデとウンク―1930年 ベルリンの物語
ISBN978-4-87714-463-0 C8097
2016年6月刊 四六判並製 291頁 \1800

「やっぱりきみは、ほんとうのジプシーなの?」 「そうよ。どうってことないじゃない」
12歳の少年エデは、街中で出会った「ジプシー」の少女ウンクの力を借りて、突然工場をクビになったおとうさんのピンチを救おうと大活躍。
1931に出版され、ナチスに禁書にされた児童文学の初邦訳。戦後ドイツのロングセラー。訳者による解題では、物語に登場する11人のロマたちのナチス時代の運命について、そして現代にいたるまで続くロマへの差別について詳細に解説。


富盛菊枝児童文学選集3
ぼくのジャングル
ISBN978-4-87714-462-3 C0393
2016年4月刊 四六判並製 300頁 \1800

動物園の赤んぼザル・ピッキィと友だちになったぼくは、空想のジャングルで自由に遊び、ついにはピッキィを囲いから逃がす。
著者が児童文学者として第一歩を記した表題傑作他13篇を収録。巻末に小宮山量平、さねとうあきら、深海秀俊ら6氏の作家・作品論を付す。選集全3巻完結。


富盛菊枝児童文学選集2
いたどり谷にきえたふたり
ISBN978-4-87714-459-3 C0393
2015年2月刊 四六判並製 294頁 \1800

戦時中、朝鮮から徴用されたキム少年は、米軍の艦砲射撃に狙われた室蘭の街を逃げまどう。そこへ突然、自分を「にいちゃん!」と呼ぶ少女が現れる。「いたどり谷へにげようよ、にいちゃん!」――戦争の時代、孤独な二人はどこを目指したのだろうか。表題作他4篇収録。


富盛菊枝児童文学選集1
鉄の街のロビンソン
ISBN978-4-87714-454-8 C0393
2015年2月刊 四六判並製 346頁 \1800

製鉄所の煙突が林立する北海道の蘭内(室蘭)を舞台に、家族から離れ、見知らぬ街で生きる少年〈六〉は、さまざまな人たちとの出会いや公害問題・アイヌ差別などの新しい経験に学び成長していく。少年の夢と冒険を描く力作長篇。



ヤヌシュ・コルチャク  大井数雄
マチウシ一世王     
2000年10月刊 四六判405頁 \2800 [品切]

ナチスの絶滅収容所トレブリンカで、子どもたちと運命を共にしたコルチャク先生の遺作長編童話。世界に、なによりも子どもたちのために幸福で自由な生活を築こうとしたマチウシ少年王の冒険譚。本邦初の完訳版。




内田三和子  星野孝・え
ノエルの時間
1994年11月刊 A5判112頁 \1000 [在庫僅少]

パリに住んでいる兄のノエルと弟のレミ。二人の父は日本人、母はフランス人。二つの国の文化や日常的習慣のちがい、さまざまな人びととの出会いや出来事をとおして、二人は明るくせい一杯に生きて行く。小学上級・長篇童話。




吉枝千佳子
おもいねこ
1993年6月刊 四六判134頁 \1200 [品切]

病気の小さな白いねこを殺した少年のこころの痛み。その痛みを想いかえすことによって少年は人間のやさしさと愛とは何かを感じとり、一歩、新しい人生に踏みだす。作者独特のこどもの内面世界を描ききった感動的な長篇童話。




吉枝千佳子  市野しのぶ・え
な か ま
1992年5月刊 四六判150頁 \1200 [品切]

さねとうあきら=吉枝さんの文学は、自分を阻害しいじめるものまで包摂して、異質のものを含み相対立しながらも「なかま同士」という連帯のありようを提示しています。―こどものせんさいなこころのひだを描いた長篇童話。




吉枝千佳子
ふしぎなバックミラー [美本切れ]
1990年11月刊 A5判100頁 ¥1200

自由に読んでもらう自本(じほん)、さしえのない字本、あなたの心のおもむくままに読んでほしいと作者はいう。表題の作品のほか「ほおふくろう」「石の輪」「風のいたずら」「きつねめっっ」など6篇収録。すいせん文=さねとうあきら




福森 慎  佐々木マキ/三好まあや・え
新ペット屋         
1990年11月刊 A5判140頁 ¥1200 [品切]

ビルの谷間の暗い路地に「あなただけのペット」のネオンサイン。予算におうじてどんなペットでもおこのみしだいの店。さいごに現われた毛むくじゃらの大男は何を……。ほかに「はみ出し者物語」「正午の山頂」の2篇を収録。



 *品切
  オハラフサ カトレア国のふしぎな学校 1990・11刊
  内田三和子 
河は知っている 1990・11刊
  須田三郎 北利根橋 1990・11刊
  吉枝千佳子 
ぼくの船 1990・11刊