この本をツイート 

    ★画像クリックで拡大
世界を変える映画20本

中村一成
映画でみる移民/難民/レイシズム


2019年10月下旬刊
四六判並製 318頁
定価 2500円+税
ISBN978-4-87714-484-5 C0074

装丁:桂川潤


●目次
●書評
●関連書




界に何度絶望しても、映画は「もうひとつの世界」を夢見ることをやめない。この希望なき世界を変える力を!

戦争、虐殺、差別、貧困・格差、植民地主義……直面する現実を前に、「ありえたかもしれない世界」を表現することに奮闘し続ける映画人たちがいる。

タウフィーク・サーレフ、マイケル・ウィンターボトム、フィリップ・リオレ、アキ・カウリスマキ、ニール・ブロムカンプ、トミー・リー・ジョーンズ、ケン・ローチ、ファティ・アキン、ロベルト・ベニーニ、ジル・パケ=ブレネール、ローズ・ボッシュ、ラデュ・ミヘイレアニュ、ラルフ・ネルソン、アーサー・ペン、リチャード・フライシャー、ジェローム・オスト、ヤミナ・ベンギギ、マチュー・カソビッツ……。

日本社会の課題をも照射する映画評論集。世界を変える映画20本。



〈著者略歴〉

中村一成
(なかむら・いるそん)

ジャーナリスト。1969年生まれ。毎日新聞記者を経てフリー。
【主な著書】
『声を刻む―在日無年金訴訟をめぐる人々』 (インパクト出版会、2005年)、『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか―差別、暴力、脅迫、迫害』(共著、前田朗編、三一書房、2013年)、『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件―〈ヘイトクライム〉に抗して』(岩波書店、2014年)、『ヘイト・スピーチの法的研究』(共著、金尚均編、法律文化社、2014年)、『死刑映画・乱反射』(共著、京都にんじんの会編、インパクト出版会、 2016年)、『ひとびとの精神史 第9巻』(共著、 栗原彬編岩波書店、2016年)、『ルポ 思想としての朝鮮籍』(岩波書店、2017年)、『「共生」を求めて 在日とともに歩んだ半世紀』(編書、田中宏著、解放出版社、2019年)。


(本書刊行時点)






 ◆『映画でみる移民/難民/レイシズム』目次


 第1章 難民とは何か
 1.『太陽の男たち』―人権の彼岸を生きる者たち
 2.『イン・ディス・ワールド』―「異郷の死」から紡がれた物語
 3.『君を想って海をゆく』 『ル・アーヴルの靴みがき』―歓待の精神
 4.『第9地区』―人間、この非人間的なるもの

 第2章 越境する民
 1.『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』―歴史を逆なでする旅路
 2.『ブレッド&ローズ』―バラを求めて〜「不法移民」たちの闘い
 3.『この自由な世界で』―この「恥」なき世界で
 4.『そして、私たちは愛に帰る』―国境と世代をまたぐ「死と再生」の物語
 
 第3章 ホロコーストからナクバへ
 1.『ライフ・イズ・ビューティフル』―それでもこの世界にYESという
 2.『サラの鍵』 『黄色い星の子供たち』―「加害の歴史」を記憶に刻む
 3.『約束の旅路』―生きて、何に「なる」のか?
 
 第4章 「血と暴力の国」から
 1.『ソルジャー・ブルー』―「アメリカ」という原罪
 2.『小さな巨人』―Tall Tale(ホラ話)が描く西部開拓史の真実
 3.『マンディンゴ』―もうひとつの「風と共に去りぬ」

 第5章 「人権の祖国」で
 1.『スカーフ論争 隠れたレイシズム』―「同化」と「排除」
 2.『移民の記憶 マグレブの遺産』―「根こぎ」と「寄る辺なさ」
 3.『憎しみ』―郊外≠フ反乱

 最終章

『11'09"01 セプテンバー11』―「他者の痛み」への共感
    *
 あとがき








書 評

(準備中)







◆関連書◆


 『日本型ヘイトスピーチとは何か――社会を破壊するレイシズムの登場』
 LAZAK(在日コリアン弁護士協会) 編、板垣竜太、木村草太 ほか著

 『ヘイトスピーチはどこまで規制できるか』
 LAZAK(在日コリアン弁護士協会) 編、板垣竜太、木村草太 ほか著

 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 李信恵 著

 『ロマ 「ジプシー」と呼ばないで』 金子マーティン 著

 『歌集 彷徨夢幻』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『鳳仙花のうた』 李 正子(イ・チョンジャ) 著

 『歌集 沙果、林檎そして』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『父とショパン』 崔 善愛(チェ・ソンエ) 著


 『歌集 一族の墓』 金 夏日(キム・ハイル)
  

 『記憶の火葬――在日を生きる―いまは、かつての〈戦前〉の地で』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『秤にかけてはならない―日朝問題を考える座標軸』 徐 京植(ソ・キョンシク) 著

 『羊の怒る時』 江馬 修 著