影書房

 KAGESHOBO Publishing Co.

HOME 新刊案内 既刊書案内
(ジャンル別)
既刊書案内
(著者名別)
既刊書案内
(書名別)
ご注文・お問合わせについて about us
(会社概要)
follow us





この本をツイート 
  ★画像クリックで拡大
歳月を刻む第六歌集

李正子(イ・チョンジャ)
歌集 彷徨夢幻


2017年5月刊
四六判並製 208頁
定価 2000円+税
ISBN978-4-87714-473-9



●目次
●書評
●関連書





う女など言うのは誰なのスーパーの半額ばかり伸ばしてる手に
繋がらぬ韓流ブームの淵に沈む一九一〇年のままの 在日
ヘイトスピーチいえヘイトクライム谺する少女の夏を揺るがせて過ぐ

故・近藤芳美氏が絶賛したデビューから三十余年。
在日コリアンとして、女性として、母として、生きる日々の想いを詠む。
愛する者を亡くし、詠えずに過ぎた眠れぬ夜の空白と暗黒を、三十一文字に託す。
歴史を詠い、変わらない日本を問う。
歳月を刻む第六歌集。



〈著者略歴〉

李 正子(イ・チョンジャ)

1947年、三重県伊賀市(旧上野市)に生まれる。
1965年、三重県立上野高等学校卒業。
中学校時代に短歌と出会い、二十歳頃から作歌を始める。
在日韓国人歌人として初めて作品が日本の中学・高校の教科書に採用されるなど、高い注目を集めてきた。
2005年、韓日友情四十周年記念国際フォーラム(於・京都国際会館)で韓国時調詩人、日本短歌歌人との競演に出演。
短歌結社「未来」所属。短歌会「風」主宰。Tanka college「マダン」通信講座主宰。伊賀市、津市に短歌講座を置く。

[著書]
歌集『鳳仙花のうた』(雁書館、1984年、絶版)
歌集『ナグネタリョン――永遠の恋人』(河出書房新社、1991年)
『ふりむけば日本』(河出書房新社、1994年。雁書館刊の第一歌集『鳳仙花のうた』を織り込んだエッセイ集)
歌集『葉桜』(河出書房新社、1997年)
『鳳仙花のうた』(影書房、2003年。『ふりむけば日本』を底本とした増補版)
歌集『マッパラムの丘』(作品社、2004年)
『在日文学全集 17』(共著・勉誠出版、2006年)
歌集『沙果、林檎そして』(影書房、2010年)
『鳳仙花のうた』新装・普及版(影書房、2012年)

(本書刊行時点)






◆『彷徨夢幻』目次◆

  短歌 1

"序章/白い氾濫/罪と毒/秋黴雨/火をつけて秋/風の絵師/清道旗/アンニュイ

  
エッセイ 1

忍者の里との不思議な縁/チマチョゴリのご真影?/楼車と巡る通信使残照

  
短歌 2

アメリカン瞑想/奪われて/金官伽?/鳳仙花/カーネーション/父の帽子/変わらないんだ

  
エッセイ 2

韻律が刻むレクイエム/追憶は歳月に流されて/旅立った父のメモリー

  
短歌 3

ゆめの通い路/銀河群/大和まほろば/ヤクザだね ワタシって

  
エッセイ 3

どこに? 私の古里よ/梅に憶う父祖の地の春/鳳仙花 種にこもる追憶

  
短歌 4

black chocolate/たわむ着地点/あてなき日々に口ずさんで/終章 夢十夜

 あとがき







書 評


(準備中)




◆関連書◆

 『歌集 沙果、林檎そして』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『鳳仙花のうた』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『歌集 一族の墓』 金 夏日(キム・ハイル)

 『尹東柱全詩集 空と風と星と詩』 尹 東柱 著/尹 一柱 編/伊吹郷 訳

 『生命の詩人・尹東柱――『空と風と星と詩』誕生の秘蹟』 多胡吉郎 著

 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 李信恵 著

 『日本型ヘイトスピーチとは何か』 梁英聖 著

 『ヘイトスピーチはどこまで規制できるか』
 LAZAK(在日コリアン弁護士協会) 編、板垣竜太、木村草太 ほか著