この本をツイート 

   ★画像クリックで拡大
日本政府の脱法的・反民主主義的手法を問う

新垣 毅、稲嶺 進、高里鈴代、高木吉朗、宮城秋乃、木村草太、紙野健二、
前川喜平、安田浩一

これが民主主義か?
辺野古新基地に〝NO〟の理由


2021年1月下旬刊
A5判並製 208頁
定価 1900円+税
ISBN978-4-87714-487-6 C0036

装丁:桂川潤


●目次
●書評
●関連書




2019年2月、沖縄県民は県民投票で「辺野古埋め立て❝NO❞」の民意を示しました。
しかし、国はその結果を一顧だにせず、辺野古の海への土砂投入を強行しつづけています。

これは、民主主義国の健全な姿と言えるでしょうか?

沖縄では、米軍関係の事件・事故が、沖縄戦の終結前後から今日までとぎれることなく発生してきましたが、そのたびに沖縄県民は抗議の意思を示してきました。

それでも国は、〈基地負担軽減〉や〈普天間の危険除去〉を言いながら、現実や歴史、法律さえねじ曲げ、時に沖縄への〈差別〉を助長し、強権までも発動して、〈辺野古新基地建設〉という新たな負担を押しつけようとしています。

〈国防〉の名の下に、沖縄の民意を押しつぶす政治が続いています。
それを止めるのが民主主義社会ではないでしょうか。




〈著者略歴〉

●新垣 毅
 あらかき つよし
1971年生まれ。沖縄県出身。琉球新報論説委員・政治部長。
2015年沖縄の自己決定権を問う一連の報道で、第15回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」受賞。
著書:『続 沖縄の自己決定権 沖縄のアイデンティティー――「うちなーんちゅ」とは何者か』(高文研)、『沖縄の自己決定権――その歴史的根拠と近未来の展望』(高文研)ほか。

●稲嶺 進 いなみね すすむ
1945年生まれ。沖縄県出身。前名護市長(2010年~2018年)。

●高木吉朗 たかぎ きちろう
1969年生まれ。広島県出身。弁護士(コザ法律事務所所属)。
嘉手納基地爆音差止訴訟弁護団、普天間基地爆音差止訴訟弁護団、辺野古埋立承認処分取消訴訟弁護団。
共著:『法廷で裁かれる日本の戦争責任――日本とアジア・和解と恒久平和のために』(高文研)、『公害環境訴訟の新たな展開――権利救済から政策形成へ』(日本評論社)ほか。

●高里鈴代 たかさと すずよ
1940年台湾生まれ。沖縄県出身。「強姦救援センター・沖縄」代表。「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」共同代表、「軍事主義を許さない国際女性ネットワーク」沖縄代表。
1997年「土井たか子人権賞」受賞。2005年「1000人の女性をノーベル平和賞へノミネート」の一人に選出。2011年「沖縄タイムス賞(社会活動)」受賞。
著書:『沖縄の女たち――女性の人権と基地・軍隊』(明石書店、エイボン功績賞・1996年)ほか。

●宮城秋乃 みやぎ あきの
1978年生まれ。沖縄県浜比嘉島出身。蝶類研究者。日本鱗翅学会・日本蝶類学会会員。2017年新崎盛暉平和活動奨励基金で助成交付者に選出。2018年『ぼくたち、ここにいるよ――高江の森の小さないのち』(影書房)で「沖縄タイムス出版文化賞(児童部門)」受賞。2020年「多田謡子反権力人権賞」受賞。
著書:『ぼくたち、ここにいるよ――高江の森の小さないのち』(影書房)

●木村草太 きむら そうた
1980年生まれ。東京都出身。東京都立大学教授(憲法学)。
著書:『ほとんど憲法:小学生からの憲法入門(上・下)』(河出書房新社)、『木村草太の憲法の新手(1・2)』(沖縄タイムス社)、『自衛隊と憲法――これからの改憲論議のために』(晶文社)ほか。

●紙野健二 かみの けんじ
1951年生まれ。大阪府出身。名古屋大学名誉教授(行政法学)。
共著:『翁長知事の遺志を継ぐ――辺野古に基地はつくらせない』(自治体研究社)、『辺野古訴訟と法治主義――行政法学からの検証』(日本評論社)、『沖縄・辺野古と法 Nippyo One Theme e-Book』(日本評論社)ほか。

●前川喜平 まえかわ きへい
1955年生まれ。奈良県出身。現代教育行政研究会代表。元文部科学事務次官。2018年から日本大学文理学部非常勤講師。
著書:『面従腹背』(毎日新聞出版)/共著:『定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半――忘却させない。風化させない。』(論創社)ほか。

●安田浩一 やすだ こういち
1964年生まれ。静岡県出身。『週刊宝石』などを経て2001年よりフリーライター。2012年『ネットと愛国』(講談社)で「講談社ノンフィクション賞」受賞。15年『G2』(講談社)掲載記事「外国人隷属労働者」で「大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)」受賞。
著書:『愛国という名の亡国』(河出新書)、『団地と移民――課題最先端「空間」の闘い』(KADOKAWA)、『「右翼」の戦後史』(講談社現代新書)ほか。


(本書刊行時点)






 ◆『これが民主主義か? 辺野古新基地に〝NO〟の理由』目次



■新垣 毅  辺野古新基地建設を強行する安倍政権の異常な手法
全国世論/私人へのなりすまし/二枚舌/根幹を揺るがす事実/沖縄いじめの背景――北朝鮮・中国脅威論/責任の所在

■稲嶺 進  ゆがめられる沖縄の自治沖縄予算を懐柔策に利用する日本政府
「独断」島袋市政への疑問/市民目線・公正・公平な組織をめざして/島袋前市長の「V字案」受け入れ/再編交付金がなくても必要な事業は実施できる/仲井眞知事が広めた誤解/2014年「平成の琉球処分」/2018年市長選での妨害/市長は「政治家」ではなく「行政の長」/人間が人間として扱われない植民地主義を終わらせたい/「地域力」で「中央」のいじめに対抗/沖縄戦、米占領期の人権否定の記憶

■高里鈴代  日米同盟関係から生じる構造的性暴力
Ⅰ 紛争下における女性への暴力は戦争犯罪である/Ⅱ 沖縄の現実に引き戻された/Ⅲ 「沖縄・米兵による女性への性犯罪」年表が明らかにするもの/Ⅳ 性暴力の軽視と隠蔽で米軍駐留は保障される/Ⅴ 軍事基地の島からの脱却に、沈黙を越えよう

■高木吉朗  基地被害を下支えする日米地位協定の壁
1 はじめに/2 日米地位協定とは何か/3 地位協定の問題点①――国内法の不適用/4 地位協定の問題点②――日米合同委員会/5 おわりに――なぜ沖縄は地位協定改定を求めるのか

■新垣 毅  基地負担軽減は本当か
敵基地攻撃能力/沖縄の「負担」とは/高江のヘリパッド/基地の永久固定化/「沖縄の負担」とは/なぜ海兵隊は必要か/南西諸島への自衛隊配備/沖縄の訴え/日本国民の選択

■宮城秋乃  汚された世界遺産候補地――北部訓練場返還地
国から国へ引き渡された返還地/次々と見つかる廃棄物や化学物質/軍事機能強化のための返還/ライナープレートの撤去事業/現訓練場内の軍事廃棄物/回収されずに森に残る不発弾/米軍の清掃活動とゴミの廃棄/返還後も訓練に使用している可能性と警察の捜査の限界/米軍基地は返還後も問題を残す

■木村草太  沖縄に対する差別と適正手続き――憲法の視点から
はじめに/一 沖縄の歴史――琉球王国から辺野古問題へ/二 公共性の概念――差別の排除/三 閣議決定と住民投票――中央と地方の相剋/結論 沖縄問題-差別+適正手続き=?

■紙野健二  法治主義と地方自治をゆがめる辺野古新基地建設の強行
はじめに/1.法治主義と地方自治/2.辺野古問題の展開と焦点/3.私人なりすましの意義/むすび

■前川喜平  安倍政権が押しつけた歴史・公民教育――2つの沖縄教科書問題
はじめに/一 沖縄の歴史――琉球王国から辺野古問題へ/二 公共性の概念――差別の排除/三 閣議決定と住民投票――中央と地方の相剋/結論 沖縄問題-差別+適正手続き=?

■安田浩一  〝沖縄ヘイト〟 基地反対の民意へのバッシング
浸透するゆがんだ視線/報道の名を借りたデマの流布/〝基地反対運動は「外国人に支配」〟デマ/被害者へ向けられる〝自作自演〟の中傷/無視される沖縄の声、憎悪をけしかける政治家・著名人/「沖縄差別」という危機

■新垣 毅  沖縄から日本の民主主義を問う――「復帰」に込めた理念と現状
日米の思惑/「沖縄処分」/建議書/日本復帰運動の変容/民族主義から憲法へ/「反戦復帰」の高まり/歴史認識の差/「屈辱の日」/植民地主義に抗する自己決定権








書 評



(準備中)








◆関連書◆


 『ぼくたち、ここにいるよ―高江の森の小さないのち』 アキノ隊員 写真・文
【小学中学年以上~大人まで】

 『ヤンバルの深き森と海より』 目取真俊 著

 『友だちを助けるための国際人権法入門』 申 惠丰 著

 『山羊の肺 沖縄 一九六八-二〇〇五年【復刻版】』 平敷兼七 著

 『虹の鳥』 目取真俊 著

 『眼の奥の森』 目取真俊 著

 『目取真俊短篇小説選集1 魚群記』 目取真俊 著

 『目取真俊短篇小説選集2 赤い椰子の葉』 目取真俊 著

 『目取真俊短篇小説選集3 面影と連れて』 目取真俊 著

 『平和通りと名付けられた街を歩いて 目取真俊初期短篇集』 目取真俊 著 【品切】

 『目取真俊の世界(オキナワ)――歴史・記憶・物語』 スーザン・ブーテレイ 著

 『沖縄おんな紀行――光と影』 もろさわようこ 著