既刊書案内



平和憲法(第9条)を考える



 第9条の会ブックレット



■刊行年の新しい順
■表示価格は税別です





勝守 寛 著 
第9条と国際貢献戦争のない世界を求めて
ISBN4-87714-310-6 C0031
2003年11月刊 四六判172頁 \1500 
[在庫僅少・美カバー切れ]

「戦争放棄」「戦力不保持」の理念が形骸化される一方で、世界では高い評価を得ている「第9条」。その理念を各国の憲法に取り入れる試みや、世界完全軍縮化モデル等を論述する。一物理学者による平和論の集大成。C・オーバービー博士の講演記録等(英語対訳)を付す。


伊藤成彦
武力信仰からの脱却第九条で21世紀の平和を
ISBN4-87714-308-4 C0031
2003年9月刊 四六判上製298頁 ¥2600

有事法制の成立とイラクへの自衛隊派遣。戦後の平和憲法体制を根底から破壊する「武力信仰」を徹底批判。憲法第九条の理念を核とした「実践的」評論集。「自分自身を武力信仰から解放しながら、武力信仰の極にある米国政府に対して、理性の回復を!」と呼びかける。前著『物語 日本国憲法第九条』の姉妹編。




伊藤成彦
物語
日本国憲法第九条戦争と軍隊のない世界へ
ISBN4-87714-283-4 C0031
2001年12月刊 四六判上製267頁 ¥2400

憲法第九条の成立過程をつぶさに検証、「勝者による押し付け憲法」説を反証。「自由主義史観」の欺瞞性を暴きつつ、半世紀を経てなお維持される第九条こそ、21世紀へ向けて人類が守るべき普遍的理念であることを明らかにする。韓国語版「序文」とドイツ語版「序文」「あとがき」を追補した決定版(2006年1月刊)。




平和憲法(前文・第九条)を世界に拡げる会
平和憲法を世界に 第T集
1992年5月刊 A5判110頁 ¥1000

戦後、日本は軍事力で他国を攻撃したことはなく、日本の兵士に殺された人間は一人もいない。21世紀のモデルとしての前文・第九条を世界に拡げるために。執筆者=オーバービー・石田雄・土井たか子・伊藤成彦ら11氏の発言。