影書房

 KAGESHOBO Publishing Co.

HOME 新刊案内 既刊書案内
(ジャンル別)
既刊書案内
(著者名別)
既刊書案内
(書名別)
ご注文・お問合わせについて about us
(会社概要)
follow us









★画像クリックで拡大



国による露骨な教育の管理・支配は民主主義の破壊に直結する

学校に対する君が代斉唱、日の丸掲揚の強制を憂慮する会
学校に思想・良心の自由を
君が代不起立、運動・歴史・思想



2016年10月刊
四六判並製358頁
定価 3000円+税
ISBN978-4-87714-466-1 C0036


●目次
●書評
●関連書



後71年間で、とりわけ民主主義の後退が顕著なのが学校教育の現場。石原慎太郎氏が都知事に就任した1999年以後の東京都、そして神奈川県では、「日の丸・君が代」の強制をテコに、教員と児童・生徒が積み上げてきた校内デモクラシーが踏みつぶされてきた。この10年余りに何が起きたのか。現場での抵抗の記録と研究者たちの応答。



〈編者〉

■「学校に対する君が代斉唱、日の丸掲揚の強制を憂慮する会」(共同代表:粟屋憲太郎、田中正敬、山田昭次)


〈著者〉

山田昭次(やまだしょうじ)1930年埼玉県生まれ。近代日朝関係史。立教大学名誉教授。学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会・共同代表。著書:『全国戦没者追悼式批判―軍事大国化への布石と遺族の苦悩』『関東大震災時の朝鮮人虐殺とその後―虐殺の国家責任と民衆責任』ほか。

斉藤寿子(さいとうとしこ)1955年東京都生まれ。学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会・事務局。

大貫明日美(おおぬきあすみ)1960年東京都生まれ。学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会・事務局、神奈川県立高校教員。

藤田昌士(ふじた・しょうじ)1934年京城(現ソウル)生まれ。教育学。元立教大学教授。著書:『道徳教育 その歴史・現状・課題』『学校教育と愛国心―戦前・戦後の「愛 国心」教育の軌跡』ほか。

安川寿之輔(やすかわじゅのすけ)1935年兵庫県生まれ。近代日本社会(教育)思想史。名古屋大学名誉教授。著書:『福沢諭吉の教育論と女性論』『福沢諭吉と丸山眞男―「丸山諭吉」神話を解体する』ほか。

池田幹子(いけだみきこ)1948年東京都生まれ。元東京都立高校教員。

根津公子(ねづきみこ)1950年神奈川県生まれ。元東京公立学校・都立学校教員。

河原井純子(かわらいじゅんこ)1950年茨城県生まれ。元東京都立特別支援学校教員。

渡辺厚子(わたなべあつこ)1950年福井県生まれ。元東京都立特別支援学校教員。

三輪勝美(みわかつみ)1953年秋田県生まれ。元神奈川県立高校教員。

大能清子(おおのきよこ)1959年大阪府生まれ。東京都立高校教員。

黒田貴史(くろだたかし)1962年千葉県生まれ。学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会・事務局。

田中正敬(たなかまさたか)1965年東京都生まれ。朝鮮近代史。専修大学教授。学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会・共同代表。著書:『地域に学ぶ関東大震災―千葉県における朝鮮人虐殺 その解明・追悼はいかになされたか』(共著)。

大森直樹(おおもりなおき)1965年東京生まれ。教育学・教育史。著書:『日本の中国侵略植民地教育史 第1巻』『原発災害下の福島朝鮮学校の記録』『靖国神社と歴史教育―靖国・遊就館フィールドノート』(以上、共著)ほか。






◆『学校に思想・良心の自由を』 目次◆

Ⅰ 「憂慮する会」の十年、東京・神奈川の十年

「学校に対する君が代斉唱・日の丸掲揚の強制を憂慮する会」十年の歩み…山田昭次
東京の「君が代不起立」処分状況の十年…斉藤寿子
「神奈川の現場から」の十年…大貫明日美

Ⅱ 学校への「日の丸・君が代」強制拒否の論理

君が代斉唱・日の丸掲揚を強制する〝教育〟で子どもたちはどうなる?…山田昭次
「愛国心」の養成のための小学校・中学校学習指導要領改定…山田昭次
関東大震災時の朝鮮人虐殺と日本民衆の「愛国心」…山田昭次
都知事石原慎太郎と都教委の歴史観・思想を問う…山田昭次
戦前・戦後の学校教育と「日の丸・君が代」…藤田昌士
「日の丸・君が代」強制と良心的不服従―「君が代不起立」の思想史的意義…安川寿之輔

Ⅲ 日の丸・君が代の強制と処分が進む学校で

「もの言える」自由裁判と都立高校の現在…池田幹子
「君が代解雇」を許さない!…根津公子
「茶色の朝」を迎えないために…河原井純子
「日の丸・君が代」に押し潰される障がい児教育…渡辺厚子
「日の丸・君が代」をめぐる神奈川の状況…三輪勝美
都立高校の現場からの報告…大能清子

●裁判報告
 二つの不当・悪質な判決…黒田貴史
 君が代不起立に対する二〇一二年一月十六日の最高裁判決の批判…山田昭次


Ⅳ 学校教育にもちこまれる歴史修正主義と「特別の教科 道徳」

教科書・副教材叙述の問題と歴史教育への政治介入…田中正敬
「特別の教科 道徳」と私たちの課題…藤田昌士


Ⅴ 教育現場での民主主義と自由のために

学校現場の現在と課題 10・23通達から十年 いま市民がやるべきことは三つ…大森直樹
安倍政権の教育法と教育現場  二〇一五―一八年の市民と教育界の課題…大森直樹

●裁判報告
 なんと、勝訴! 「君が代」不起立停職六か月処分はとりけされた!…根津公子








書 評




(準備中)








◆関連書◆


 『全国戦没者追悼式批判』 山田昭次著

 『希望は生徒―家庭科の先生と日の丸・君が代』 根津公子著

 『金子文子―自己・天皇制国家・朝鮮人』 山田昭次著